シルク会員クラブ

真綿布団の適用温度

真綿は何層にも重ねる事によりたっぷりと空気を含みます。熱を蓄積する事で布団内を暖めますが、放熱性も兼ね備えている為、呼吸する真綿で掛け布団に求められる布団内の快適温度(33度から35度)を保ちます。