シルク会員クラブ

真綿布団のメリット

夏は暑くて眠れない、冬は寒くて眠れない、そんな寝苦しい夜に大変でしょう。また、きっちりと睡眠が摂れない日々が重なると、体調まで悪くなってしまいます。

良い眠りを得るためには、環境を整えることが必須です理想的な室温だけではなく、ふとんの中の温度・湿度も大切です。


布団の中の理想の温度って何度ですか?
日本睡眠科学研究所の実験によって、理想的な寝床内気象条件は、温度が33±1℃湿度が50±5%(RH)であることがわかりました。掛ふとんの素材には 羽毛を始め、羊毛、木綿、絹(真綿)、麻、ポリエステルなど、さまざまな種類がありますが、高級真綿を100%使用した弊社の真綿布団は保温力、吸湿性、放湿性が優れていて、お布団の中の温度(寝床内温度)を理想温湿度に近い最適環境に調節してくれます。

真綿布団のメリット
1.他の素材に比べて圧倒的に優れているのがその吸湿放湿性の高さです。
真綿布団に使用される真綿はその繊維が緻密に絡み合っており、布団の中綿として利用される際には層構造をとることで、よりたくさんの空気を含むことができるため保温性に優れます。
また、保温性に優れていながらも高い吸湿・発散性をもっているため、布団の中で汗をかいてもムレにくく、さわやかな使用感が持続します。ちなみに、真綿の吸湿性は、ウールや木綿の1.5倍に及ぶと言われています。
さらに、真綿はその長い繊維が緻密に絡み合うことで、布団の側生地の中に詰めたときの肌へのフィット感が良く軽量性にも優れているので、心地の良い寝心地を実感させてくれます。

2.薄手で保温性・保湿性が優れたため、夏は涼しくて冬は温かい。
真綿は、フィブロインと呼ばれる繊維質が、セリシンというタンパク質に包まれた構造。フィブロインは非常に細かい繊維なので、隙間に無数の空気の層が生じます。この空気層が熱を保持してくれるため、木綿などの素材と比べて圧倒的な保温力を持っているのです。寒い冬でも、床の冷気が上がってくる心配はほとんどないでしょう。

シルク素材で作られている真綿の布団は高額ではありますが、保温力、吸湿性、放湿性、肌触り…などなど多くの点で他の素材を上回っており、まさに高級品と呼ぶにふさわしい機能を備えています。