お問合せ
日本 | JPY ¥
匁の測定方法
匁の歴史
14世紀
匁(もんめ)は、日本の質量の単位で、かつては通貨の単位でもありましたが、 文明年間の1484年に家帳に初めて登場しました。現在は通貨としては使われていませんが、 真珠業界では今でも標準的な単位として使われています。
19世紀
繭の中の糸の数が多く、そのばらつきが大きいことから、 糸密度の代わりとして匁の概念が生まれました。この概念は 19 世紀にヨーロッパの商人の間で使われるようになりました。
20世紀初頭
20 世紀初頭、日本では尺貫法に代わってメートル法が正式に導入されました。 質量の基本単位は貫で、匁を含む他の単位はそこから派生しました。 匁は後に西洋で匁として普及し、絹や真珠の伝統的な計量単位として今も使われています。
匁(重量)範囲
匁重量とは、シルク生地の重量の測定値を指します。匁重量が高いほど、生地は重く、耐久性が高くなります。
ライト匁
より薄く、より繊細な生地。より透け感や軽量感があり、繊細で優美な印象を与えます。
中匁
少し重めですが、質感と耐久性が強化されています。軽さと耐久性のバランスが取れています。
ヘビー匁
大幅に重く、よりしっかりした生地。重量、耐久性、構造化された外観が向上しました。